ワイズファクトリーの連絡帳
お店のイベント案内や報告、徒然事など。


出会いがあれば、別れもある。

CA3J0887.jpg
LAVERDA 750S Formula に出会って何年だろう。
知り合いのお店で見かけて一目ぼれし、後先考えずに購入。
2気筒750ccという排気量が大変魅力だった。
P1040408.jpg

エンジンの特性上、ツーリングでは「何やってんだ、もっと回せよ!」(イタリヤ語)と駄々をこねる。
はじめはそれが理解できずに乗りにくいオートバイだと思ったが、
走り込むごとにだんだん理解できて来て楽しさが分かってきた。
アクセルを開け切れるバイクが楽しいんだなと。
P1040405.jpg

その走りに魅了され、筑波サーキットに持ち込んだ時にはこいつに乗り方を教わったようなもの。
当時使っていたYAMAHA TRX850よりタイムは落とすものの、懐の広さは抜群だった。
P1040413.jpg

いろいろ試すがゆえに傷だらけになってしまったLAVERDA
今のサーキット用はCBR600RRだが、これもこいつが導いてくれたのかも。
あいつなら大して乗り方は変わらないよと。
P1040407.jpg

確かに違和感なく乗れるCBR600RR。なおかつ、ポテンシャルアップも可能だし、
補修部品も豊富。

サスペンションは付いてりゃいい的な考えも一変させてくれた。
荷重の載せ方で立ち上がりの良し悪しが別れるのもLAVERDAが教えてくれた。
P1040410.jpg

決して扱いやすいオートバイでは無いけど感覚と感性は大きく変わった。
一番大きかったのは、速いだけではダメで、速さの中に楽しさがないといけないこと。
私自身、50歳を過ぎてどこまで走れるかわからないが
こいつに教えられたことを思い出しながら走ろうと思う。
P1040409.jpg

今回で手放してしまうLAVERDA 750S Formula
つぎの生徒はどんな人だろうか。

テーマ:バイク屋さん日記 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ysfactory0096.blog25.fc2.com/tb.php/410-d49b3078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック